ホーム > top >XHTML入門

XHTML入門

このページは旧XHTML入門のページです
XHTMLとはExtensible HyperText Markup Languagの略で
HTMLをXMLの仕様に合わせて定義しなおしたものです。
HTMLからXHTMLに世の中は移行すると思われた時代を策定をしていたが、
W3Cは2009年07月03日にXHTML2.0の策定を中止し、
その後はHTML5の策定に注力すると発表した。
この時にXHTMLは事実上進化は中止となり
以後世の中はHTML5への移行が一気に進んだ

HTMLとの相違
XHTMLは上述のようにXHTMLをXMLの仕様に合わせて定義しなおしたものである
以下にHTMLとXHTMLの主な相違点を述べる
●文書の頭にXML宣言を書く
●要素名・属性名は小文字
●要素の終了タグは必ず必要
●空要素の終了タグも必要
●属性の値はダブルコーテーションでくくる
●属性名は省略しない


Copyright (C) 2017 wakusei